各種ヒトモニター試験(ヒトパッチ関連、SPF・UVAPF関連、有用性関連、その他試験など)を行っております。

有用性試験

有用性試験

有用性試験においては、製品の評価目的、使用方法などから、
被験者の年齢、性別、人数、試験期間など、その都度プロトコールを作成して行います。

保湿、弾力、蒸散量、シミ、油分量、VISIAでの肌解析、その他
ご希望の測定がございましたらメールにてお問い合わせください。
恒温、恒湿の環境室にて馴化した後、各種機器を使用し計測いたします。

使用機器はこちら→使用機器


有用性試験の流れ

お問合せ希望する試験の条件(被験者の人数や試験期間、測定項目等)をメールにてお知らせください。

御見積御見積書を作成いたします。

御依頼御依頼書送付により、正式なご依頼といたします。

サンプルご送付    サンプルを弊社にお送りください。     

試験実施試験を実施いたします。

結果のご連絡試験後、結果をお送りいたします。


保湿試験

時間経過における保湿効果(単回試験)、長期使用における保湿効果(連続試験)など、製品を使用した際の皮膚の水分量を測定します。
ー保湿試験の例ー

使用試験

実際にヒトモニターが製品を使い、アンケートによる使用感、安全性などを評価します。

美白試験(紫外線照射による消退比較試験)

塗布部位と無塗布や対照品塗布部位を設定し、1.5MEDを照射し、肌色測定、メラニンを測定します。

サーモグラフィ試験

一定時間における体表面温度を測定します。
保温効果のある靴下や冷え性改善などを評価します。

コメド試験(ノンコメドジェニックテスト) ※提携先の試験機関(アメリカ)にて実施

製品を一定期間使用し、顔のにきびの個数などにより
ノンコメドジェニック製品であるかを評価します。
試験は随時実施しております。

被験者:約10名
結果速報 :試験依頼後約3ヶ月後
報告書提出:試験依頼後約3.5ヶ月後
※日本文への翻訳に追加でお時間を頂戴しております

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional