各種ヒトモニター試験(ヒトパッチ関連、SPF・UVAPF関連、毛髪関連、有用性関連、その他試験など)を行っております。

有用性試験

有用性試験

  • 抗シワ機能評価試験
    試験部位を目尻のシワとして、一定期間使用した製品塗布と製品無塗布の比較により、グレード評価及びレプリカ解析の評価を行います。
  • シワ写真撮影
    顔を固定して、目尻の部分を拡大して、撮影しております。(写真はイメージです)

    1  2

    使用前              使用後

  • レプリカ解析
    シワのレプリカを斜光照明による二次元解析しております。(写真はイメージです)

    3    4

    使用前              使用後

平成23年に化粧品として記載できる新たな効能効果表現
「乾燥による小ジワを目立たなくする」の評価を目的として、新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン
[日本香粧品学会誌Vol.30,No.04,316~322(2006)]の試験法に則り、試験を行います。

  • 使用試験
    実際にヒトモニターが製品を使い、アンケートによる使用感、安全性などを評価します。
  • コメド試験
    製品を一定期間使用して、顔のにきびの個数などを評価します。
  • スティンギング試験
    敏感肌の人を対象とした試験です。頬に製品をつけたコットンをはり、感覚刺激の評価をします。
  • 肌荒れ用製品評価試験
    人工的に肌荒れを作り、製品を使用して、バリア機能の評価をします。
  • 美白試験(紫外線照射による消退比較試験)
    塗布部位と無塗布や対照品塗布部位を設定し、1.5MEDを照射し、肌色測定、メラニンを測定します。
  • 保湿試験
    時間経過における保湿効果(単回試験)、長期使用における保湿効果(連続試験)など、製品を使用した際の皮膚の水分量を測定します。
  • サーモグラフィ試験
    一定時間における体表面温度の測定をします。保温効果のある靴下や冷え性改善などの評価に。

有用性試験においては、製品の評価目的、使用方法などから、被験者の年齢、性別、人数、試験期間など、その都度プロトコールを作成して行います。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional