各種ヒトモニター試験(ヒトパッチ関連、SPF・UVAPF関連、毛髪関連、有用性関連、その他試験など)を行っております。

紫外線消退試験

紫外線消退試験

紫外線消退試験(紫外線照射による色素沈着抑制作用評価)

人工的に紫外線を照射し、形成した色素沈着部位に試験品を塗布して、美白効果を評価します。
下記に一般的な試験方法で実施した試験例を記載しております。試験の目的、評価項目などによって、試験内容を計画致します。

試験例

  • 被験者
     ① 年齢18歳~60歳までの健常な日本人男女
     ② FitzpatrickのスキンタイプがⅡまたはⅢに該当する者
     ③ インフォームド・コンセントを与える能力を有する者
     ④ 試験部位に皮膚症状がない者
     ⑤ 光アレルギーなどの疾患がない者

  • Fitzpatrickのスキンタイプ
    非常に日焼け(赤くなる)しやすいが、
    決して黒くならない
    容易に日焼け(赤くなる)しやすいが、
    微かに黒くなる
    日焼け(赤くなる)した後、すぐ黒くなる
    あまり日焼け(赤くなる)せず、すぐ黒くなる
    滅多に日焼け(赤くなる)せず、非常に黒くなる
    決して日焼け(赤くなる)せず、非常に黒くなる

  • 試験部位:3ヶ所
     ① 対照品塗布部  ② 試験品塗布部  ③ 無塗布部

  • 試験項目
     ① 写真撮影
     ② メラニン・エリスマ測定
     ③ 肌色測定(L*値、a*値、b*値)
     ④ スキンカラー判定

  • 試験方法
     本試験前に紫外線を照射し、各被験者の1MEDを判定し、決めます。
     その後、試験部位に1.5MEDを照射し、色素沈着部位に製品を例えば4週間、
     1日2回塗布します。1週間~4週間に数回試験項目の測定を実施します。

試験結果:例

紫外線消退試験_01

色素沈着部位の写真

1.5MEDの照射翌日
色素沈着部位_01

4週間後
色素沈着部位_02


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional