各種ヒトモニター試験(ヒトパッチ関連、SPF・UVAPF関連、毛髪関連、有用性関連、その他試験など)を行っております。

RIPT試験

RIPT試験

累積刺激及び感作性試験(RIPT、皮膚アレルギー性試験)

被験物質使用による皮膚に対する一次刺激性、累積刺激性および感作性を調べる目的で実施します。

試験の内容

18歳以上の健康な男女50名以上で実施します。
3週間のうちに9回、同一部位に24時間パッチをします。その後、休止期間を得て、9回パッチした部位とは別の新しい部位に24時間パッチをして、全工程のパッチ判定より、刺激・感作性を評価します。通常、石鹸やシャンプーなどの製品は、希釈して実施致します。
試験は、アメリカで執り行っています。

判定基準

0=刺激反応なし(陰性)
0.5=極僅かな紅斑
1=僅かな紅斑
2=識別できる紅斑
3=著しい反応
4=かなり厳しい反応

他の紅斑以外の皮膚反応も記録します。

製品表示

試験結果に基づいて、「アレルギーテスト済み」「累積刺激性テスト済み」と表示でき、
「全ての方にアレルギーが起こらないということではありません」の表示も必要です。

納期

依頼から結果速報まで、約3ヵ月かかります。

用語の解説

RIPTとは、「Repeated Insult Patch Test」の略称です。


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional