各種ヒトモニター試験(ヒトパッチ関連、SPF・UVAPF関連、毛髪関連、有用性関連、その他試験など)を行っております。

ヒトパッチ試験

ヒトパッチ試験

ヒトパッチ試験は、ヒトの皮膚に対する安全性の最終的な確認試験として実施します。
事前にヒト以外の安全性が動物試験、代替法試験などで問題がないことを確認した検体で
実施します。

お電話またはメールでお問い合わせください。

流れ(依頼から報告まで)

御連絡御依頼前にご連絡ください。

御見積御見積書を作成し、送付致します。

御依頼御依頼書を提出して頂きます。

サンプルご送付必要な量のサンプルを弊社にお送りください。

パッチテスト実施パッチテストを実施します。

速報結果を報告します。テスト後、約1週間かかります。

報告書最終報告(写真付き)となります。
テスト後、約4週間かかります。

※パッチテストの依頼状況により、ご希望の日程に合わない場合がございます。
 ご依頼時にご希望の納期などをお伝えください。

試験の種類

  • 24時間閉塞パッチ
    被験物質を24時間貼付し、除去した40~60分後とその24時間後に判定します。
  • 48時間閉塞パッチ
    被験物質を48時間貼付し、除去した40~60分後とその24時間後に判定します。
    ※SEKマーク申請用(一般社団法人繊維評価技術協議会認証)は、48時間閉塞20名以
     上で実施になります。
    ※JIS S 9623規格(医療用ウィッグ)48時間閉塞 20名以上
  • 光パッチ
    被験物質の紫外線による照射で刺激性があるか判断します。被験物質を貼付、除去した後、紫外線を照射し、判定します。
  • オープンパッチ
    閉塞パッチにおいて、刺激が強いと予想される製品について、上腕部にてオープンパッチをします。
    染毛剤、脱毛剤、高アルコール含有製品など。

判定について

被験物質を除去40~60分後およびその24時間後の刺激性を皮膚科専門医が判定します。
(除去した直後は、チャンバー除去による一過性の赤みなどがあるため、消退した後に判定します。)

判定基準は、本邦基準による判定になります。

本邦基準反応
反応なし
±軽度の紅斑
紅斑
++紅斑+浮腫、丘疹
+++紅斑+浮腫+丘疹+小水疱
++++大水疱


試験風景

閉塞パッチ試験風景(写真はイメージです)

 チャンバー(被験物質)を背部に貼った所です。    チャンバーを除去しています。

パッチ写真1_R     パッチ写真2_R


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional