各種ヒトモニター試験(ヒトパッチ関連、SPF・UVAPF関連、有用性関連、その他試験など)を行っております。

ヒトパッチ試験

ヒトパッチ試験(皮膚貼付試験)

ヒトの皮膚に対する安全性の最終的な確認試験として実施します。
弊社ラボにて日本人モニターにより定期的に実施しております。

パッチ写真風景背中  

試 験 方 法:皮膚科専門医により判定します。(本邦基準)
実 施 日 程:ヒトパッチ試験日程をご確認頂き、ご相談ください
必要検体量:液状・クリーム・固形・粉状は約30g、
      生地等シート状の場合はB5用紙1枚程度   
費   用:メールにてお問い合わせください                       


流れ(依頼から報告まで)


御連絡御依頼前に空き状況等お問い合わせください。

御見積御見積書を作成し、送付いたします。

御依頼御依頼書送付により、正式なご依頼といたします。

サンプルご送付    サンプルを弊社にお送りください。     

パッチテスト実施パッチテストを実施します。

速報試験終了から約1週間後に速報をお送りいたします。

報告書速報から通常約3週間後に写真付きの報告書をお送りいたします。

※パッチテストの依頼状況により、ご希望の日程に合わない場合がございます。
 ご依頼時にご希望の納期などをお知らせください。

試験の種類

  • 24時間閉塞パッチ
    被験物質を24時間貼付し、除去した40~60分後とその24時間後に判定します。
  • 48時間閉塞パッチ
    被験物質を48時間貼付し、除去した40~60分後とその24時間後に判定します。
    ※SEKマーク申請用(一般社団法人繊維評価技術協議会認証)は、48時間閉塞20名以上にて実施します。
    ※Med・ウィッグマーク申請用(日本毛髪工業協同組合認証)は、JIS S 9623規格「医療用ウィッグ及び附属品ー一般仕様」に基づき、48時間閉塞20名以上で実施いたします。弊社は、この試験区分において、JNLAの登録試験事業者として登録されています。
      「JNLA登録番号170385JP 認定規格ISO/IEC17025:2017」
  • 光パッチ
    被験物質の紫外線による照射で刺激性があるか判断します。
    被験物質を貼付、除去した後、紫外線を照射し判定します。
  • オープンパッチ
    閉塞パッチにおいて、刺激が強いと予想される製品について、上腕部にてオープンパッチをします。
    染毛剤、脱毛剤、高アルコール含有製品など。

実施人数について

 20名、30名、40名等
 ※30名以上での実施の場会、通常2回(2週)に分けて実施します。

試験の実施予定

ヒトパッチ試験実施予定にてご確認ください。

判定について

被験物質を除去40~60分後およびその24時間後の刺激性を皮膚科専門医が判定します。
(除去した直後は、チャンバー除去による一過性の赤みなどがあるため、消退した後に判定します。)

本邦基準で判定します。

本邦基準反応
反応なし
±軽度の紅斑
紅斑
++紅斑+浮腫、丘疹
+++紅斑+浮腫+丘疹+小水疱
++++大水疱


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional